飲料水の宅配なら 数ある飲料水を徹底比較

ランニングコストは?

ウォーターサーバーの費用はどのくらいかかるかを見てみましょう。


まず、サーバー本体と水ボトルの価格についてです。

サーバー本体のレンタル料は、無料~月額2,000円程度、水ボトルは12リットル入りが1本1,200円~2,100円までです。
傾向としては、サーバーレンタル料が安いとボトル1本あたりが高くなり、サーバーレンタル料が高いとボトル1本あたりは安めになるようです。

今現在、ペットボトルやボトルで水を購入している人は、月どのくらい水を消費しているか量ってみましょう。
コストを比較する場合は、サーバーレンタル料とボトル代金トータルのコストで比較するようにしましょう。

あとは、水の質によっても水の単価が変わります。ミネラル分が多いもの、希少価値のある水などは、水1リットルあたりの単価が高くなります。


次に電気代です。サーバーは常に電源を入れておくものですので、当然電気代がかかります。

メーカー各社を平均すると月1,000円前後で、これは常時電気ポットを使うのの約半分
と言われています。(あくまで目安です。)
これ1台で冷水と温水の両方がいつでも使えるのですから、ウォーターサーバーはお得です。


浄水器と比較すると、浄水器は定期的にカートリッジを交換する必要があります。一番広く使われているメーカーのカートリッジで、年1回1万円程度かかります。
ウォーターサーバーの場合は、サーバーとボトルの価格にボトルの配送料やサーバーのメンテナンス費用が含まれている場合がほとんです。
メンテナンス費用がかかるパターンもありますが、そういう場合は逆にサーバーとボトルのランニングコストが安く抑えられています。
また、メンテナンスはキットを使って自分で行うというメーカーもあります。