飲料水の宅配なら 数ある飲料水を徹底比較

水道水の危険性

昔に比べ、水道水の味は向上しているとも言われていますが、その成分については依然として注意すべき点が数多く含まれています。
なぜ水道水をそのまま口にしてはいけないのか、その理由を説明しましょう。


○塩素の問題

水道水は、川や海、地下水などの水を浄化したものですが、この元の水には工場排水や一般家庭からの生活排水、農薬などが流れ込み、汚染されています。

浄水場では様々なフィルターを介して不純物を取り除き、殺菌目的で塩素を投入します。
しかし、水道水が最終的に蛇口に届くまでの間に、この塩素が水中の有機物と反応して、発ガン物質であるトリハロメタンやテトラクロロエチレンなどの有害物質を発生させています。

トリハロメタンは発ガン性物質である他に、内蔵や神経に大きなダメージを与える他、アトピー性皮膚炎、喘息、疲労感やイライラなどをひき起こすと言われています。また、流産になりやすいという報告もあります。


○水道管や貯水タンクの問題

現在は使用が禁止されていますが、古い家屋に敷かれている水道管には鉛が使用されています。
鉛が体に入ると非常に危険だということは、水道管の他にも顔料やミルクの事件などで大きく報道されたこともあるので、ご存知の方も多いでしょう。

さらに、集合住宅では、水道水を一旦貯水タンクに溜めてから各戸に流す仕組みになっていますが、この貯水タンクに溜まる汚れや動物の死骸などによる汚染も問題になっています。