飲料水の宅配なら 数ある飲料水を徹底比較

浄水器や市販水との違い

○全部取り除くと質が落ちる

水道水に対する安全対策として、最低でも浄水器の設置やミネラルウォーターは使わなくてはならないということは理解していただけたでしょうか。
→「水道水の危険性」参照(リンク)

しかし、逆に浄水器や煮沸消毒であれもこれもと取り除いてしまうと、体に必要な成分やおいしさの素になるミネラル成分まで全部なくなってしまうのです。
安全のためにまずい水を飲むのは、これはこれでがっかりです。

こうなると、選択肢としてはミネラルウォーターや成分調整水ということになります。
ウォーターサーバーの水は、ミネラルを含む天然水か、ミネラルをバランスよく配合した加工水を使用しています。

ペットボトルの水を買って使うことと比べると、中身はともかく、コストや手間のことを考えると、ウォーターサーバーに軍配が上がります。


○誰にでも合う味

ミネラルウォーターにも相当な種類があることは、皆さんもよくご存知でしょう。

健康のためには、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分をより多く含んだ水がよいと言われていますが、ミネラルが多い硬水(こうすい)系の水は、飲んだときの口当たりが硬く、馴染みづらいという人が多く見られます。
一般に、日本人にはミネラルが少なめの軟水が好まれています。

また、硬水は、お茶やコーヒー、料理など素材を生かす調理には向かないとも言われています。

ウォーターサーバーに使われる水の多くは、軟水ベースの誰にでも馴染みやすい味のものです。皆が集まる場所に置くには、万人受けする味の水がお勧めです。


ウォーターサーバーの水は、誰にでも馴染む味で、しかも体に良い水だということがおわかりいただけたでしょうか。